作家紹介

陶芸家 波多野 正典

photo

私の制作のモットーはまず形の美しさ、次に色合いや模様の相乗効果としております。
あとは火の力に助けられ、土や釉薬の魅力を引き出す仕事だと信じています。
土も釉薬も焼成の火入れも細心の注意を払い吟味した上で、一品ずつ、心を込めて制作してまいります。
まずは、身近に置き、手にとって手作りの焼き物の素晴らしさや醍醐味を楽しんでください。

photo

Facebookにてイベント情報なども載せています。

陶歴

1957年 愛知県瀬戸市生まれ
1977年 愛知県立瀬戸窯業高校専攻科修了
1987年 朝日陶芸展新人陶芸奨励賞
1987年 中日国際陶芸展奨励賞
1995年 日本新工芸展日本新工芸賞
1997年 陶芸ビエンナーレ奨励賞、日本新工芸展(東海展)東海テレビ賞受賞
2004年 朝日陶芸展秀作賞
2007年 現代工芸美術展(東海展)東海テレビ賞受賞
2010年 現代工芸美術展(東海展)愛知県知事賞受賞
2012年 現代工芸美術展 現代工芸賞受賞

日展22回 現代工芸美術展4回 日本陶芸展1回
朝日陶芸展8回 陶芸ビエンンナーレ2回
国際陶磁器展美濃2回 それぞれ入選
 ・瀬戸市文化センター企画個展(瀬戸市美術館)
 ・新世紀工芸館企画二人展(新世紀工芸館)
 ・「土・メッセージ」IN美濃 1991年参加
 ・東海の陶芸(PATA) 1999年参加
 ・現代の瀬戸陶芸-新しい風7人展 2010年参加(銀座和光)
 ・個展 東京/新宿京王・渋谷西武・森田画廊・遊/
     名古屋 松坂屋/大阪 梅田阪急

お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る